×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Fujitsu Pocket LOOX 720

3.Pocket LOOX 720 BlueTooth Sync

 

  PocketLOOX720は、純正・サードパーティともにオプションがあまり豊富ではありません。もっともそのことを感じるのは、他のPDAのように、巻き取りタイプのSyncケーブルがないことでしょう。厳密に言うと、ないわけではなく、現時点(2004.10.25現在)で720専用とされているケーブルは、実は Sync も充電も一切できません。

 もちろん付属のクレードルを利用して、ActiveSync を行えばいいのですが、クレードルを使うのは場所をとるから面倒だとか、外出先でもっと手軽にPCとPDAを連携させたい、といった際にはいちいちクレードルを持ち歩くわけにも行きません。そこで、Bluetooth内蔵のLOOX720ですから、この際思い切って BluetoothSync をさせてみることにしましょう(^^)v

 

 今回はノーPCのLOOXT70HNと、LOOX720(LOOXマニアではありません(^^ゞ)とをBluetooth でSync させてみることにします。LOOX720にはBluetooth 機能が搭載されていますが、T70HNの方にはBluetooth 機能はありません。ですので専用アダプタが必要になります。で、日本橋で入手しました、USBタイプの「GW-BH03U」をつかうことにします。

 

 

 まずはドライバのインストールです。「GW-BH03U」をT70HNに取り付けるのは、インストール開始前でも後でも問題ありません。

 インストーラーが動き始めますので、そのまま指示に従っていればいいのですが、ドライバがXPとの互換性が保証されていないのか、下のようなメッセージが何十回と出てきます。しかし負けずに「続行」をし続けましょう。

 

 

 するととりあえず初期設定までこぎつけます。

 

 

 

 「次へ」を押して、インストールしたホスト側のコンピュータ名を決めます。もちろん LOOXT70HN (^^♪

 

 

 

 お次は接続するデバイス側の設定に入ります。

 

 

 とりあえず「次へ」を押すと、下のような画面に入りますが、ここでは(特に初心者は)一切手をつけずに「次へ」を押しましょう。あまり下手な設定をしてしまうと、接続ポートがダブってしまい、正常な Sync ができなくなります。

 

 

 上の設定を飛ばした後、ほかにも設定するかと聞かれますが、それはスキップしましょう。そうすると、下のように設定完了のメッセージが。ひとまずT70HNの方は設定完了です(^^)

 

 

 

 LOOX720の Bluetooth をONにして、T70HNの Bluetooth 機能を起動し、「範囲内のデバイスの検索」をクリックすると、LOOX720 を検出してくれます。

 本来ならここまでのどこかで、双方のデバイスの Sync を許可させるためのPINコードの設定をするはずなのですが、このたびは1度アンインストールをして、再度インストールを行っていますので、以前の設定がどこかに残っていたのかもしれません。その設定自体は難しいものではありませんので、出てきた場合はコードを入力して設定するようにしましょう。

 

 

 

 次はLOOX720側の設定です。Today画面からでいいので、 Bluetooth Manager をONにし、左下の「New」を押し、新しい接続を設定します。もちろん ActiveSync を選び、ダブルタップです。

   

  

 設定はウィザードに従えば簡単にできます。完了すると、以下のようにアイコンが現れます。

 

 

 で、そのアイコンをダブルタップすると、LOOX720側で ActivSync が始まります。このときあらかじめ設定していたPINコードを入力することになりますが、かなり早く打ち込まないと、接続エラーが出てしまいます。あきらめずにすばやく入力しましょう。接続が完了するとアイコンが変化します。

 

 

 

 

 

 これとほぼ同時に、T70HN側でも、接続の際にはPINコードを入力するようメッセージが表示され、コード入力を行わなければなりません。これも早めに打ち込まなければなりませんので注意しましょう。完了すればメッセージが。これをOKすればもうできたも同然です(^^♪

 

 

 

 メッセージとともに、 ActiveSync が開始し、接続中という表示になります。さてちゃんと繋がるでしょうか、ドキドキ・・・(*^_^*)

 

 

 

 接続完了のメッセージが!無事 Sync できましたねヽ(^o^)丿この後は普段有線にて Sync する際の操作と一切変わりありません。

 

 

 LOOX720側のプロパティはこんな感じです。

 

 

 やはり線がなくなるとずいぶんスッキリしますね。これで Sync にはケーブル要らずとなり、今後のデータのやり取りやソフトのインストールがずいぶん楽になりそうです、冒頭の問題は半分解消されましたね。

 もう半分は充電方法ですが、LOOX720には、iPAQシリーズのように、充電器と直接つなぐためのコネクタが用意されています。これを充電器に接続するか、USB-5V変換ケーブルなどをつないで、T70HNから充電するもよし、、モバイルクルーザーなどと接続してコンセントから電源を取るもよし。これで問題はだいたい解決とみていいでしょう。

    

 

 

 しかし、Sync と充電はかなり手軽にできるようになりましたが、USBホスト機能がまた問題になります。USBホスト機能は、付属の妙に長いケーブルでしか今のところその機能を使うことはできません。外出先でそれを使おうと考えると、いつも長いケーブルを持ち歩くことになり、結局面倒だ、ということになります。こればかりはぜひ純正でもサードパーディでもいいので、ホストケーブルを発売して欲しいですね。まあ今回は Sync と充電が楽になったということで良しとしておきましょうか(^^♪

  

1. Pocket LOOX 720  スペック

2.Pocket LOOX 720  カメラ機能

3.Pocket LOOX 720  BlueTooth Sync

4.Pocket LOOX 720 ムービー

5.Pocket LOOX 720 ケース

6.Pocket LOOX 720 メタル ケース

 

レビューTOPに戻る

レビュー記事一覧

1. Pocket LOOX 720  スペック

2.Pocket LOOX 720  カメラ機能

3.Pocket LOOX 720  BlueTooth Sync

4.Pocket LOOX 720 ムービー

5.Pocket LOOX 720 ケース

6.Pocket LOOX 720 メタル ケース