×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Fujitsu Pocket LOOX 720

4.Pocket LOOX 720 ムービー

 

  PocketLOOX720でのカメラ撮影では、前回静止画でのレビューを行いましたが、今回は動画でのレビューといきたいと思います。

 動画を撮影する際ののセッティングはこんな感じになってます。保存先をメモリーカードに指定しておくと、撮影できる動画の最大容量は、メモリーカードの空き容量に依存します。また特に撮影時間に制限はないようですので、空き容量分まるまる1本の動画を保存することも可能だと思われます。また撮影時に音声を入れるか入れないかを選択することも可能です。

 

 撮影可能な動画のフォーマット形式は、

  ・Motion-JPEG AVI

  ・MPEG-4(3gp互換)

 の2種類あります。MPEG-4の方が同じ時間撮影しても容量が小さくなります。

 また、撮影できるサイズは以下の通りとなっています。

  Small(96x128) Medium(144x176) Large(288x352)
オーディオ形式 PCM PCM PCM
フレームレート(/秒) 20 15 8
データ速度(kbps) 66 78 121

 

 VGAマシンなのでVGAでの撮影も可能かと思いがちですが、QVGA相当のサイズでの撮影が限度です。

 動画サンプルを撮影してアップしておりますので、ごらんいただければと思います。サンプルは大阪日本橋でんでんタウンのある風景を用意しています。全部同じアングルですので退屈かもしれませんが、比較していただくためには仕方ありません(^^ゞ

 サンプルのアングルはこんな感じです↓

 

 

Motion-JPEG AVI と MPEG-4 の2種類を、Small・Medium・Large で撮影したものを用意しています。MPEG-4 は、拡張子を.3gp に変更してありますので、QuickTime形式に対応しているプレイヤーであれば再生してもらうことができます。再生時間は各ファイルとも10秒程度です。

Motion-JPEG AVI  MPEG-4
Small(96x128) Small(96x128)
Medium(144x176) Medium(144x176)
Large(288x352) Large(288x352)

 

 当然ながらサイズや容量が大きくなればなるほど画質が良くなると思います。フレームレートなどは自動的に設定されますので、ユーザー側で好きなサイズを好きな状態で撮影できるというわけではありません。

 さすがにムービー専用カメラには及ばないですが、ちょっとした記録や旅行での撮影なんかで結構遊べると思います(^^♪

 

 

 おまけですが、撮影効果を使ったサンプルもアップしておきました。再生時間はやはり約10秒です。全てサイズは Medium ですが、ちょっと雰囲気の違う動画を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

 

●Grayscale

 

Motion-JPEG AVI
MPEG-4

 

 

●Sepia

Motion-JPEG AVI
MPEG-4

 

 

●Cool

Motion-JPEG AVI
MPEG-4

 

 

●Negative

Motion-JPEG AVI
MPEG-4

 

 いろいろな動画が楽しめることは、カメラ付きPDAの特権みたいなもので、こうした遊び心を持って使いこなしてみるのも、モバイルライフの1つの面白さだと思いますね(^^)v

 

 

1. Pocket LOOX 720  スペック

2.Pocket LOOX 720  カメラ機能

3.Pocket LOOX 720  BlueTooth Sync

4.Pocket LOOX 720 ムービー

5.Pocket LOOX 720 ケース

6.Pocket LOOX 720 メタル ケース

 

 

レビューTOPに戻る

レビュー記事一覧

1. Pocket LOOX 720  スペック

2.Pocket LOOX 720  カメラ機能

3.Pocket LOOX 720  BlueTooth Sync

4.Pocket LOOX 720 ムービー

5.Pocket LOOX 720 ケース

6.Pocket LOOX 720 メタル ケース