×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Fujitsu Pocket LOOX 720

1.Pocket LOOX 720  スペック

 

 WinodwsMobile2003SE(以下WM2003SE)を搭載したPocketLOOX720は、現行の最新OSを搭載しているとともに、ボタンの多さやカメラ搭載による豊富なソフトウェアがいろいろとあります。完全網羅というわけには行きませんが、特徴あるものを紹介していきましょう。

 

 

 

 プログラム系 

 すでに余計なものを入れてしまっているので、全て見せるのはお恥ずかしい(^^ゞ かいつまんで紹介していきましょう。

 

 

  Album

 

 ずばり画像ビューアともいうべきソフトです。英語がダメですので説明できないことばかりですが、オプションでは以下のことが設定できます。

   

 

 

  CONNECTMOBILITY E2C

 

 通信全般に関する接続ソフトでしょうか。私は基本的に無線LANとBluetoothKeyboardが接続できればいいのでこれはそれほど使うことはありませんが、GPRSやGSMとあることから、海外での使用にはかなり有用なものだと思われます。WLANの場合だと、Connectを押すと、アクセスポイントをスキャンし、見つかれば選択して接続してくれます。その際すぐに起動させたいアプリをタップしておくと、通信接続後そのアプリが自動的に起動し、手間を省いてくれます。

 WLAN・GPRS・GSMにはそれぞれ接続と同時に起動させるアプリを設定でき、また追加でアプリを増やしておくこともできます。

    

 

 接続に関しては以下のような設定が可能です。

   

   

    

 

 

  FSC Backup

  バックアップソフトです。この辺は他のPDAとも使い方がほとんど同じでしょう。

 

 

  FSCSpeedMenu

 いわゆるランチャーソフトです。側面左のボタンで起動します。起動後はボタンはバックするためのキーとなり、ジョグダイヤルで選択し、ジョグを押し込んで決定です。以下階層を追っていろんなアプリを起動させられます。また好きな階層に好きなアプリやカテゴリーを登録することができます。

   

 

 あとCameraもあるのですが、それは次のコーナーで(*^^)v

 

 

 

 セッティング系 

 これも他のマシンと同じようなものが入っていますので、特別取り上げるものもありませんが、一応2,3紹介しておきましょう。 

   

 

 

 LEAP

 これは無線LANにおけるセキュリティ設定だと思います。

 

 

 Memory

 今は画像や動画をしこたま抱えてますので随分消費していますが、RAM128MBのうち、123MBをユーザーで使用することができます。またROM64MBの方は、内28MBをLOOXStoreとして使用でき、そこに保存すればハードリセット後もファイルが消えずに済みます。

 

 

 Processor

  CPU速度のコントロールです。普段はStandard Modeで使用します。本来はPXA272の520MHzでの動作ですが、Turbo Modeではどうも624MHzで動作しているのだと推測されます。Turbo Mode時のバッテリの持ち具合はいずれ暇ができれば計測できればいいと思っています(^^ゞ

 

 

 WLAN Power

 こちらは無線LANのON/OFFとパワーモードを設定できます。

   

 

 

 ちなみにToday画面に常駐もしていまして、簡単に切り替えることができます。Bluetoothもやはり常駐しますので、通信に関してはTodayで一括管理できるようです。

 

  

1. Pocket LOOX 720  スペック

2.Pocket LOOX 720  カメラ機能

3.Pocket LOOX 720  BlueTooth Sync

4.Pocket LOOX 720 ムービー

5.Pocket LOOX 720 ケース

6.Pocket LOOX 720 メタル ケース

 

 

レビューTOPに戻る

レビュー記事一覧

1. Pocket LOOX 720  スペック

2.Pocket LOOX 720  カメラ機能

3.Pocket LOOX 720  BlueTooth Sync

4.Pocket LOOX 720 ムービー

5.Pocket LOOX 720 ケース

6.Pocket LOOX 720 メタル ケース